SDGS

社会への貢献

ランテックはSDGsが採択される以前から「社会との共生」という課題に向き合い、CSR(社会的責任)・CSV(自社の強みを用いた社会的課題の解決)事業を通じてSDGsに間接的に取り組んでまいりました。

SDGsが世界に広く制定されたことにより、企業が社会を想い行動する様々な活動が具体的に示され、私たちのこれまでの活動が社会課題の解決にどのように関係していたのかを再認識することができました。

SDGsが描く2030年に向け、具体的かつ戦略的に、取り組みを加速させていきます。

社会との共生

(ランテックのCSR・CSVへの取組)

貧困をなくそう

貧困をなくそう

  • 新卒採用、中途採用を積極的に行い雇用を増やす
飢餓をゼロに

飢餓をゼロに

  • 地域貢献を積極的に行う
ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等を実現しよう

  • 女性管理職の積極的登用をしてジェンダー平等を目指す
人や国の不平等をなくそう

人や国の不平等をなくそう

  • 建設現場で女性に配慮した休憩所やトイレを設置し働きやすい環境を作る
  • 出産休暇、育児休暇の積極的な取得を推進する
すべての人に健康と福祉を

すべての人に健康と福祉を

  • 本社では階段使用を推奨し、就業前にストレッチを行うことで健康増進に努める
  • 安全意識と知識の向上に努める
質の高い教育をみんなに

質の高い教育をみんなに

  • 社員研修の開催など、キャリアステップに応じた能力開発を行う
  • 技術革新のための研修や勉強会、協議会を設置し技術の向上や革新を図る
産業と技術革新の基盤をつくろう

産業と技術革新の基盤をつくろう

  • ICTを活用した機器を導入し、現場作業の効率化を図る
エネルギーをみんなにそしてクリーンに

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

  • ペーパーレスの推進と、エコでクリーンな設備機械を導入使用する
  • 自転車や徒歩通勤を推奨する
働きがいも経済成長も

働きがいも経済成長も

  • 社員一人ひとりが働きやすい環境づくりを行い生産性向上に努める
  • 品質や工程管理を定めた社内ルールを通して、個々の意識をより高め、成長につなげる
住み続けられるまちづくりを

住み続けられるまちづくりを

  • 未来に残せる高品質な建物を創りあげる
つくる責任つかう責任

つくる責任つかう責任

  • 工事現場で発生する廃材の再利用
安全な水とトイレを世界中に

安全な水とトイレを世界中に

  • 社員一人ひとりが自宅でも会社でも環境に配慮し行動する
気候変動に具体的な対策を

気候変動に具体的な対策を

  • 会社周辺や海岸でクリーン活動を実施する
陸の豊さも守ろう

陸の豊さも守ろう

  • 各種スポーツ団体や地域活性化のための各祭事への参加及び⽀援を⾏う
パートナーシップで目標を達成しよう

パートナーシップで目標を達成しよう

  • 各パートナー(協力業者)と緊密な連携のもと、災害事故の撲滅活動を実施する
  • 技術革新や意見交換、また各種資格取得の推進を、パートナーと連携して行う

カルペソール湘南スポーツクラブのSDGs

スポーツを通じて地域の青少年・社会人・地域社会への貢献を目的に設立された、2015年「NPO法人カルペソール湘南スポーツクラブ」。

神奈川県茅ヶ崎市にホームグラウンドを持ち、国際色豊かなプロコーチ指導のもと、本格的なサッカー技術の向上を図り、チャレンジする子ども達の成長を支えるフィールドを提供しています。

弊社はオフィシャルパートナーとしてNPO設立時からサポートに携わっています。

カルペソール湘南

すべての人に健康と福祉を

幼児から高齢者向まで様々な方が利用するスポーツクラブ

スポーツは、アクティブな生き方や精神的安定に重要な要素です。

質の高い教育をみんなに

座学や学習サポートを組み込んだ取組み

スポーツ活動は、就学率や出席率、さらには成績を高めます。

人や国の不平等をなくそう

国際色豊かなコーチ陣と海外チームとの交流

スポーツの振興と、スポーツを通じた開発は、途上国間および先進国との格差を縮めることに貢献します。

住み続けられるまちづくりを

街のスポーツ活動のポータル的存在を目指す

気軽に利用できるスポーツ施設やサービスは、この目標の達成の模範例にもなりえます。