鉄筋加工・鉄筋工事におけるランテックの管理体制

加工帳は同一データ管理

積算段階から納品に至るまで同一データ管理することでミスを軽減し、経緯もすべて記録しています。

加工帳PC管理

現場搬入前鉄筋の保管

資材搬入時規格・径・長さのダブルチェックを行うなど、規格違い等のミス防止に日々努めています。

鉄筋保管

セキュリティ監視

お客様からお預かりした大切な資材は、セキュリティシステムによって24時間監視されております。

セコムロゴ

日々のPC入出庫管理

PC管理を活かし、現場別・棟別等の入出庫管理により、鉄筋数量情報等の現場要請にも対応しています。

事務員

鉄筋納入の管理

「鉄筋納入写真」の撮影や、「納品書」「タグ」「ミルシート」の管理等、間違い防止対策を行っています。

搬入

安心・安全への取組み

安全な現場を目指し、安全掲示板設置やチェックシートの活用、ガードマン配置など多々取組んでいます。

ガードマン


業務フロー

鉄筋業務フロー

施工対応エリア

インフラ 医療福祉レジャー 教育 土木 多目的ビル・工場・倉庫 マンション・住宅

東京都内と神奈川県は全域をカバーしており、埼玉県、千葉県、静岡県にも施工実績が広がります。すべての現場情報を管理する本社と、隣接する加工工場から関東一円に、スムーズな運搬体制を整えております。

用途別の鉄筋工事

官公庁などの公共建設物から各種ライフライン施設まで、様々な用途建築の請負実績がございます。


インフラ施設

土木


BCP(事業継続計画)の取組み

ランテックは、ライフラインにかかわる建設業務に従事する企業として、有事の際の社員安否確認、ライフライン確保、各作業所との連絡、備蓄物資の配布提供などに積極的に取り組んでおります。東日本大震災後は、自家発電機の購入、飲料水や簡易トイレの備蓄なども完備しております。現在は、マニュアルや有事の組織対応図作成などを進めております。

このページのTOPへ