新人・若手社員トーク

就職は人生の大きな分岐点なのに分からない事がたくさんあります。
入社1年目と3年目の社員が、説明会や会社見学では分からない本音を、就活当時を振り返りながら語ります。

 

施工本部 入社3年目 保科 秀平

施工本部 入社3年目 保科 秀平

2013年入社。茅ヶ崎生まれの茅ヶ崎育ち。入社当時からリーダー気質を発揮し、入社3年目を迎えた今新たな目標に向け現場で活躍している。

 

施工本部 入社3年目 松井 孝樹

施工本部 入社3年目 松井 孝樹

2013年入社。静岡生まれで藤沢で育つ。穏やかで物静かな性格でじっくり物事に取り組むタイプ。実家は地元で評判のラーメン屋。好きな言葉は「挑戦」

 

施工本部 入社1年目 今野 瞬

施工本部 入社1年目 今野 瞬

2015年入社。体を動かすのが大好きな体育会系。素直な性格と甘いビジュアルから女子社員に可愛がられている。現場にて情熱をもって大修行中。

 

管理本部 採用担当 桝 晴太郎

管理本部 採用担当 桝 晴太郎

大学卒業後、証券会社へ就職。生まれ育った地元で街づくりにかかわる仕事をしたいとランテックに入社。あちこちからのダメだしにもめげず、新卒向けの採用担当として大奮闘中。

 


 
 
― 就職活動~入社まで ―

 

 
 
 

 

桝:
今年から、新卒向けの採用担当者が就いたのは知っている?

 

3人:
知らないですね。

 

桝:
県内の高校にあいさつにも行ったりするんだけど、君たちの母校にも行って、
「ランテックで頑張ってます!」と、担任の先生だった方とか、進路の先生と話をするんだよ。

 

3人:
そうなんですか?

 

今野:
そしたら、僕の就職担当の先生とも話しましたか?

 

桝:
「しっかりと働いていますか?」と心配していたよ。

 

3人:
笑い

 

桝:
ところでみんなはなんでランテックに就職したの?

 

保科:
僕はやりたいことが見つからなくて、先生に紹介されて、
会社見学をしていいなと思ったので就職を決めました。

 

松井:
僕は学校で求人票を探していて何件かピックアップして会社見学もしてみて、
自分の直感ですけど、「なんかいけそうだな!」と思ったので決めました。

 

今野:
僕も先生ですね。先輩も働いていることや、先生の勧めもあって決めました。

 

桝:
でもみんなは就活をしている高校3年生の時期ってやりたいことってあった?

 

3人:
ないですね。

 

保科:
その頃友達と「やりたいことがイメージできないから求人票も全然頭に入ってこないよな」
ってよく話をしていました。

 

今野:
それは僕もそうでした。だから先生にも相談をしましたね。

 

 
 

 

 
 
 

 

 
 
― やりがいを感じた ―

 

 
 
 

 

桝:
みんなは一番暑く大変な夏の建築現場も乗り越えて頑張ってきたけれど、
頑張れる原動力はあったの?

 

保科:
完成した時のうれしさですかね。そのうれしい瞬間のために僕は頑張れます。
もう何件も現場に携わってきたので、しだいに早く完成させたいなと思うんですよ。

 

 
 

 

松井:
僕も完成すると嬉しいのは同じですね。
それとどんどん現場が大きくなって行くことや、形になっていくのがすごく嬉しいし、
なにより楽しいなって思えますね。確かに夏とかは途中で投げ出したくなる事もありますけど、
おれはこの現場を完成させる!と言い聞かせながらやってます。

 

今野:
僕はまだ1年目なので、現場件数も少ないですが、慣れるまでに大変でした。

 

桝:
慣れるって例えば?

 

今野:
部材の名前から工具の使い方、現場の雰囲気ですね。
先輩に聞いていた話では、現場によっても雰囲気とかやり方が全然違うことなどが不安でしたが、
そこは同じ現場の先輩がフォーローしてくれるし、アドバイスもしてもらえたので安心できました。
一日、一日現場がどんどん成長していく過程も原動力の一つでしたね。

 

桝:
みんなは携わった現場を見に行ったりするの?

 

松井・保科:
します、します!

 

松井:
僕はよくふらっと見に行きます。辛いときとか、その現場を見て励まされます。
あの時辛かったなとか、大変だったなとか思い出して、
それを乗り越えた時の自分を思い出したりもしています。

 

 
 

 

保科:
僕がお気に入りの現場は東京にあります。
東京タワーのすぐ下のマンションなのですが、あの時の現場は大変でしたが、
すごく楽しかったし、自分にとってもプラスでした。

 

桝:
なにがプラスだったの?

 

保科:
具体的には表現できないですが、なにか自分が変わったなと思えるようになった
現場なんですよね。自分が建てた建物はやはり大事ですね。

 

桝:
今野君はこれから見に行ってみようと思う?

 

今野:
思います。
先輩からも色々な現場の話を聞くので、僕も早く仕事を覚えて多くの現場に携わりたいですね。
一番楽しみなのは、入社当初から入っていた茅ヶ崎駅ビルです。

 

松井・保科:
駅ビルは楽しみだよな!

 

保科:
友達に「そこ歩けるのはおれのおかげだぞ!」って言いたいですね。(笑)

 

 
 
 

 

 
 
― 今後の描くビジョンは ―

 

 
 
 

 

保科:
僕はとにかく早く一人前になって一つでも多くの現場に携わりたいです。
この仕事は大変だけど、得られる事も多いのでとても気に入っています。

 

松井:
僕も早く一人前になりたいですね。人から指示されないで動きたいし、
逆に人を動かしたり、現場を任せられるようになりたいですね。

 

今野:
今はやれる事は少ないですが、早く会社や現場の人たちに信頼されて、
会社から必要とされる人間になりたいです。

 

桝:
今後の3人が会社を担うことになるから、とても楽しみだね。
日々の業務頑張ってください。

新卒採用【大卒】募集要項

RECRUIT INFOMATION


リクルートイベント


このページのTOPへ